引っ越しの準備はいつから始める?荷造りで必要なもの10選

買取実施中

横浜市、川崎市、東京23区エリアでの昭和オールドマーケットの買取サービスを利用して、ご自宅・ご実家の整理を、お得に進めてみませんか?

買取サービスについて
実家の整理に特化した買取サービス

目次

引っ越しの準備、いつから始めますか?

次の新居が決まってから? 引っ越し業者が決まってから?

引っ越しは業者選びの後も、転居手続きなどで忙しくて正直どこから手をつけるべきか不安になりますよね。

友人や家族に聞いても意見はバラバラで、引っ越しの準備を始めるにも何から手を着けて良いか分かりづらく、お困りの方も多いのではないでしょうか。

今回は、引っ越しの荷造りの準備で必要なものを分かりやすくご紹介します。

引っ越し・片付けなどを控えていて、これから新生活を迎えるあなたにも、ぜひチェックしていただきたいと思います。

引っ越しの準備はいつから始めると良いの?

引っ越しの準備で悩む男性の画像

引っ越しは予定日から2週間前に準備を始めるのが相場となっています。

仕事などの都合でまとまった時間が取れない方は1か月前から準備を始めた方が良いでしょう。

2018年の3月現在、春先の引っ越しシーズンではかなり混雑している様で、今から準備を始める方は業者を選んでも4月以降になる可能性が非常に高く新生活に間に合わない可能性があります。

引っ越し業者に依頼しても間に合わない場合は自分でレンタカーを借りて引っ越し作業を行う方も少なくないと思います。

そうなるとダンボールなどの梱包資材を自分で用意したり、運搬時に家を傷つけないための養生資材も用意する必要があります。

また、マンションなどによっては台車が使えない場合もありますので、ご自身でお引っ越しを行う方は事前に運搬経路などを確認しておきましょう。

今回は、業者を利用する方もご自身でお引っ越しの作業を行う方も重要となる荷造りで必要なものをご紹介します。

引っ越しの荷造りで必要なものを準備しよう!

ダンボールとガムテープの画像

引っ越しの荷造りで準備する必要があるものをご紹介します。

  1. ダンボール
  2. ガムテープ
  3. 軍手
  4. 緩衝材
  5. ビニール袋
  6. ビニールひも
  7. マジックペン
  8. はさみ・カッター
  9. 雑巾
  10. ドライバーなど工具

上記がお引っ越しで必要になる基本的な道具になります。

ホームセンターなどでほぼ揃えることができるため、お休みの日や時間がある時に足りない物を買いに行きましょう。

ダンボールは引っ越し業者が用意してくれる場合がほとんどですが、用意してくれた枚数が足りない場合や自分でお引っ越しを始める方はダンボールが必要になると思いますので、買っておきましょう。

また、ホームセンターがご自宅から遠い場合はダンボールを持って帰るのは非常に重たくて、持ち運ぶことが難しい場合は無理をせずにホームセンターの宅配サービスが便利です。

ほとんどのホームセンターでは、宅配サービスやトラックの貸し出しを行なってくれる場合があるためサービスコーナーに問い合わせてみましょう。

ダンボールのサイズはどれを選べば良いの?

ダンボールの画像

ホームセンターにてダンボールを購入しようと、梱包用品コーナーに行くと最初に戸惑うのがサイズ選び。

最近はダンボールのサイズが充実しているので、その反面どのサイズをどれくらい購入すれば良いのか分からなくなる方が多いんです。

持ち運びを重視して小さめの箱を買ったら枚数が足りるのか、大きめのサイズを買っても持てるのか、そもそも枚数が何枚必要なのかが分からない方が多いと思います。

お引っ越しに使うダンボールは100サイズ(377×267×284mm)と呼ばれる大きさが標準となります。

ダンボールの枚数については、おおよそ1Kのお部屋にお住まいであれば10〜20枚で足りると思います。

2DKのお部屋で20枚〜40枚必要になるので、多めに用意しておくようにしましょう。

必要になる工具が分からない時に用意するもの

工具は家具を解体する時に必要になりますが、家具によって必要な工具は異なります。

でも、工具は種類が多すぎてどの工具が必要なのか分からなくなってしまいますよね。

どの工具が必要なのか分からない場合でも一家にひとつあれば便利な基本的な工具をご紹介します。

工具は基本的に上記3点あれば、ほとんどの家具の解体で役に立ちます。

ベッドを解体する場合や、食器棚やワードローブなどの連結した家具の解体には便利なので、買い揃えておくと良いでしょう。

引っ越しに適したビニール袋を選ぶコツ

ゴミ捨て場にあるゴミ袋の画像

一般家庭で使われるビニール袋はゴミ箱の大きさにもよりますが、あらかた45Lのサイズを選択される方は多いと思います。

しかし!

ビニール袋にもサイズ以外でも大きな違いがあるってご存知ですか?

スーパーなどのレジ袋に使われるカサカサした材質の袋は高密度ポリエチレン(HDPE)という素材を使っており、一番馴染みのある物かと思います。

しかし、高密度ポリエチレンの場合は袋がどこか破けてしまうと強度が一気に下がるという特性がありますが、お引っ越しの時には厚紙など角ばった物を入れる場合が多く、袋は簡単に破けてしまいます。

お引っ越しの時に最適なビニール袋は低密度ポリエチレン(LDPE)と呼ばれるツルツルした材質を選ぶようにしましょう。

低密度ポリエチレンの場合は、破けや衝撃が加わっても材質が伸びて中身を保護してくれる柔らかい材質なので、ホームセンターで買う前によくチェックしておきましょう。

特大 90L サイズの使い道

ゴミ袋として45Lを使う際にプラスチック製品など、かさばる物を入れる時にはサイズが小さく感じることもあると思います。

一人暮らしの方は45Lのビニール袋で十分足りる場合がほとんどですが、プラスチック製品などが多い場合には90Lサイズのビニール袋を購入しておくと安心です。

大きな物を入れる他に、布団や毛布を入れる際に圧縮袋が足りなくなった時などにも使えますが、持ち運ぶことを考慮すると45Lサイズが一番使いやすいかと思いますので家にかさばる物がある場合には購入を検討してみてください。

引っ越しの必需品!緩衝材で使えるもの 3 選

エアパッキン・プチプチの画像

引っ越しでは食器など割れ物を梱包する時に緩衝材は必需品と言っても過言ではないくらい必要なものです。

緩衝材は、割れ物を包んで割れることを防いだり、隙間を埋めて使えば衝撃を吸収してくれる物。

引っ越しの時に使える緩衝材を3つご紹介します。

昔はよく食器を新聞紙に包む家庭が多く、実家などに行くと新聞紙に包まれた食器が出てきたりします。

食器はとても硬いため、硬いもの同士が直接接触すると簡単に割れてしまいます。

新聞紙は食器同士が直接触れないために包むのですが、ご存知の通り薄い素材なので新聞紙は衝撃を吸収してくれるわけではありません。

最近ではインターネットでのニュース配信を利用される方が増えており、新聞紙がある家庭が少ないため、ホームセンターで緩衝材を買う方が多くなっていると思います。

市販で購入できる緩衝材は衝撃吸収を行なってくれるので、食器を包むときはミラーマットか、エアパッキン(プチプチ)を使ってみましょう。

ミラーマットの画像

ミラーマットは写真のように食器梱包用として、束で販売しています。

エアパッキン(プチプチ)と比較しても安価で販売されていますので、ぜひお試しください!

緩衝材を購入するほど食器が多くない場合

緩衝材は数十枚単位で販売されていることが多く、一人暮らしの方で食器が少ない場合、先ほど挙げた緩衝材以外で代用してみても良いと思います。

たとえば、食器同士が触れないようにタオルなどの柔らかい布地の物で包んでも良いでしょう。

必ずしも包む必要があるわけではなく、一度箱に食器を入れてから柔らかい布地を隙間なく敷き詰めても効果があります。

ただし、隙間ができてしまう場合には食器をタオルなどで包んだ方が、いざという時に安心です。

荷ほどきを楽に行うための準備をしよう

マジックペンの画像

引っ越し業者は大切な荷物を指示通りに運びますが、荷ほどきを行う時が大変だったりします。

引っ越しの荷造りでは、引っ越し先でダンボールを置く部屋をダンボール箱にマジックペンで目立つように書き込みましょう。

箱を見るだけでお風呂場に置くものなのか、キッチンに置くものなのかを判断できるようにしておくと荷ほどきが楽になります。

書き込む時はめんどくさいですし、手間だと感じるかも知れませんが、荷ほどきに1日かからずに終わらせることも可能なので、ぜひ置く場所をダンボール箱に書いておきましょう。

引っ越しの荷造りで必要なものまとめ

引っ越しの荷造りをしている画像

引っ越しの準備は時間もかかりますし、春の新生活シーズンは忙しくて中々時間も合わせられないかも知れません。

もしも引っ越しが間に合わない時は、私たちがお引っ越しの準備をサポートします。

自分でお引っ越しを検討されている方や、時間が足りなくてお困りの方はぜひ、お気軽にご相談ください。

あなたの課題解決に、昭和オールドマーケットの買取サービスをご利用ください!

対応エリア横浜市、川崎市、東京23区

買取サービスについて
実家の整理に特化した買取サービス

他の記事を見る

全記事一覧
昭和オールドマーケット

古いものや骨董品など、昭和、平成の時代を過ごした物品を買い取ります。

古い家・古民家・蔵・商店・旧家・空き家などを解体する方
遺品整理・生前整理をしたい方
不用品処分をしたい方
家の中のものを片付けをしたい方

出張買取

解体・遺品整理、お片付けを業者に依頼する前にご利用ください

詳細を見る

海外輸出

輸出で再び輝く不用品たち

詳細を見る

1Kg単位で買取

重量に応じた買取を実現

詳細を見る

私たちは貴金属・ブランド品は買い取りません。

Notion Jewelry

貴金属は、査定いたしません。 ブランド品、貴金属などは、一切、買い取りません。
〝押し買い〟もしません。 ブランド品や貴金属を査定されたい方は、ほかの会社をご利用ください。

ご質問やお問い合わせ

買取できるかな、と思ったらまずはご相談ください。

LINEを利用したお問い合わせ

※有人によるチャットにて応対いたします。

お電話でのお問い合わせ

電話する 受付時間 : 8:00〜20:00

0120-00-9190

受付時間 : 8:00〜20:00

フォームからのお問い合わせ

ご質問・ご相談はお気軽に

0120-00-9190
いつでも、何度でも、お気軽に。

現在お電話受付中!

LINEで質問
フォーム